スマートフォンにストラップを(亀屋革具店)

スマホに「亀屋革具店」のストラップ



先日弘前市へ旅をした。その時に立ち寄った「亀屋革具店」にて注文した、ストラップが届いていた。

手にすると、しっくりとくる手触りで、とてもいい感じだった。色味は、使用していくにつれて深みを増していくわけだが、個人的にはこの段階の、やわらかくて透明感のあるトーンも気に入っている。そのうち一儲け(?)したならば、この色で大きめのトートバックを作ろうかと考えているくらいだ。と、そのくらいこの色味が気に入っているということを、無駄に主張してみた。



ちなみに、連れも同じ物を注文したので、同じ物が2つ届いた(当然である)。その時は特に気にしなかったのだが、よくよく考えると「お揃い」である。別にストラップくらいお揃いでもいいかと思うのだが、なんとなく照れくさく感じてしまう。連れは、特に気にしていないようだし、まあひとつくらいはお揃いになってもいいかな、とも思ったりしている。


一年後のストラップ(2017年12月更新)


購入してから一年後、このストラップがどのように「育った」のかを、記録しておきたい。あの肌色の透明感のある色味はどのように変化したのか?


ご覧いただきたい。しっかりと「飴色」に育ちました。艶も良く、大人の風格を漂わせた色合いへと成長してくれました。特に何か特別なメンテナンスをしたわけではなく、毎日普通に使っていただけなのですが、いい感じに育ってもらえたのでよかったです。


裏も同様の色合いに変化している。亀屋革具店のロゴマークも、しっかり残っていていい風合いになっている。全体的に丈夫で、擦り切れたり弱ったりしている部分はないので、このまましばらく愛用していきたいと思います。さてさらに1年後には、どのような風合いに変化しているのか?



二年二ヶ月後のストラップ(2018年2月更新)


連れが仕事で弘前に出張に行くというので「時間があれば、亀屋革具店に寄れたらいいね」という話になった。そこでふと、ここにストラップについての記事を書いたことを思い出した。せっかくなので、現在の様子をアップしてみようと思う。


こちらが、二年二ヶ月経過した亀屋革具店のストラップである。写真ではわかりにくいのだが、よく接触すると思われる部分の色味が濃くなり、堂々した雰囲気になった。編んでいる部分も切れることなく、しなやかながら丈夫な革で作られていることを再確認した。



裏面はこのような感じである。ロゴマークは昨年よりもやや擦れてきたような印象があるけれど、それでもまだしっかりと残っている。二年間ほぼ毎日のように、このストラップに活躍してもらってきたけれど、特に弱くなった部分もなくまだまだ頑張ってもらえそうである。

革製のストラップ、というと少々贅沢品のような印象を受けるかもしれない。それでもこうやって、二年以上も活用できてさらに経年変化も楽しめるのだから、良い買い物をしたと思っている。さて来年には、どのように「育って」いるだろう? 思い出せたら更新してみたいと思います。

このブログの人気の投稿

祖母の教え「カミナリが鳴ったら線香を立てよ」

Macは、何年使えるのか?

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

uniqloジーンズの色落ち(三年経過)

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

御崎野営場でキャンプ。気仙沼へ行く(2)

uniqloジーンズの色落ち(一年経過)