投稿

ラベル(文章)が付いた投稿を表示しています

【漱石の言葉】火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。

イメージ
夏目漱石の手紙より
「あせっては不可ません。頭を悪くしては不可ません。根気ずくでお出でなさい。世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。それだけです。」

これは、夏目漱石が門下生である「芥川龍之介 久米正雄」に宛てた手紙の一文です。この当時、漱石は時代を代表する作家。のちに文豪になる芥川は大学を卒業したばかりの新人作家。血気盛んに文壇に足を踏みいれようとしている芥川にとって、師匠である漱石先生の「あせっては不可ません」という言葉は、深く心に染み渡ったであろうことは、想像に難くありません。
私(佐藤)が起業した時の話私(佐藤)も、若い時はせっかちで、考えたことをすぐに行動に移したくて、でも結果につながらなくて、ほんとうに焦りました。周りの同世代の人たちが、家庭を持ち安定した居場所を手にし始めている中、何ももっていない自分の姿を見ると「これでいいのか?」「もっと別の道があるのではないか?」と、夜も眠れず、昼間に居眠りをしながら考えたものです。
そんな時に、この漱石先生の言葉を思い出して「うんうん死ぬまで押すのだ」と、自分を奮い立たせていたことを思い出します。私は、才能がありませんから、芥川のような世界を驚かせるような仕事はできませんが、それでも「うんうん」やってこれたのは、この言葉を知っていたからだと思うのです。
未来をつくる 起業家・社会人・学生のみなさんへこれから新しい挑戦をする若手の起業家、社会人、学生のみなさんにも、この漱石の言葉を覚えておいていただきたいと思います。19年前の私がそうだったように、いつかどこかで心を奮い立たせる力になると思うからです。
人生は何かを成し遂げるには短すぎます。しかし、それでも私たちは「何か」を作り続けなければいけません。「一瞬の記憶」ではなく、少しでも遠くまで届くものを作っていきたい。そう願い、志す人には、きっと必要な言葉だと思うからです。
ちなみに、漱石はこの手紙を書いた数ヶ月後に亡くなってしまいます。49歳あまりにも早すぎる最期でした。しかし、100年以上も経過した今、この現代でも読み継がれる「言葉」となって生き続けています。あらためて漱石先生のすごさを実感したのでした。

関連「人生哲学」に関する記事
☝筆者:佐藤隆弘のプロフィール ⧬筆者:佐藤のtwitter
・今…

【わかりやすい文章の書き方】文章力とは? 3つの要素から考察する

イメージ
文章力とは? 文章力を上げるには?
「文章力を磨きたい!」
今、あなたはそんな風に考えていると思います。しかし「では、その『文章力』とはどのようなものですか? 具体的に説明してください」と聞かれたのならば、答えられる人は多くないでしょう。たぶん、ほとんどの人は「それは、あの、その・・・」と説明を試みつつも「いじわるな人だな」と考えると思うのです。
質問する前に、まずは自分の意見を提示すべき! と、いうわけで、今回は「私(佐藤)が考える『文章力』の定義」について考察してみたいと思います。普段、なんとなく使っている「文章力」という言葉について一緒に考えていただけると幸いです。
文章力 = 3つの要素を使いこなせる力
私が考える「文章力」とは、大きくとらえて次の「3つの要素を使いこなした文章を書ける力」です。
1)リズムのある文章 2)余韻のある文章 3)目的のある文章
ひとつひとつ解説していきましょう。
1)リズムのある文章私は20年以上「教育」の仕事に携わってきました。この仕事では「難しいことを、わかりやすく説明する」ことが大切です。生徒に余計な負担を与えずに「内容を理解することに集中」してもらうためにも、私は「リズムよくスムーズに流れていく」文章(解説)になるように心がけてきました。
人が集中できる時間は短いもの。さらに高校生のように、学校へ行って部活で体力を使って、そこからさらに勉強、ともなれば眠気との戦いになるのは当然のこと。そこで「リズムよく説明」することで、なんとか集中力を保ってもらい「気がついたら、説明が終わっていた」というような文章(説明)を目指していた流れから「リズムのある文章」を意識するようになっていました。
実際のところ「著名な書き手の文章」であれば、多少リズムが乱れて読みにくい文章であったとしても、最後まで読み続けようとするでしょう。しかし、私たちのような「無名の一般人」の場合は「リズムが悪い(読みにくい)= 読むのを中止」となる場合が多いもの。
論理を展開する順番、ひらがなと漢字のバランス、改行のタイミング、適切な語彙の選択など様々な角度から考察し、読者にストレスを与えず「心地よく読み進めていける、リズムのある文章」を書ける力(=文章力)を身につけていきたいものです。

2)余韻のある文章 =読後感休日返上で、3時間くらいかけて書いた企画書を上司に見せる。一読されたものの…

【佐藤の文章講座】アイデアは一瞬で消え去る。手書きメモのススメ

イメージ
メモのススメアイデアの多くは、日常生活のふとしたタイミングに突然訪れる。Macの前に座って「さあ、書くぞ!」という時に、都合よく思いつくということはありません。そして大抵の場合、道を歩いている時、車を運転している時、風呂に入っている時、など、突拍子もない時に思いついたりします。
そして「よし、これはおもしろそうだ!」と考え、あとであらためて考察してみようと考えていると、ものの数分くらいで綺麗さっぱりと忘れてしまいます。「あれは何だったかな?」と、ひらめいたアイデアを思い出そうとしている時の喪失感といいますか、もったいない(実際は、たいしたアイデアではない場合も多いのですが)気分でいっぱいになります。みなさんも同じような体験があるのではないでしょうか?
だから「メモ」するそのような「もったいない感」を覚えなくてもいいように、私の場合は「メモ」を小まめにとるようにしています。移動中ならば、安全な場所に立ち止まるまで、忘れないように何度も頭の中で繰り返します。手帳に書き留めると、ほっと安心します。それでも、タイミングがあわなくて、メモをするのがすこし遅れたりするだけで、あっというまに消え去ることもあります。どうしてこんなに忘れやすいのだろう、と自分の記憶力の弱さにあきれてしまうことは、しょっちゅうです。
そして不思議なもので、私の場合、メモをしてしまうと(メモをした瞬間?)内容を忘れてしまいます。安心するからなのか、全くきれいさっぱりと意識から消えてしまいます。1年前の手帳を読み返してみた時に「これはどうやって発想したのだろう」とか「なんでこんなこと思いついたんだろう」と考えることがよくあります。
昔は、あまりにも覚えていないことが多いので、自分はどこかに欠陥があるのではないか、とさえも思いました。しかし最近では、そんな風に「覚えていない」ことで、手帳を読み返した時に新鮮な気持ちで接することができるため、新しいアイディアへの発展とか、別の要素得組み合わせることで、思っていたよりも良いものになったりする場合があるので、これでいいのかな、と考えてもいます。その分、メモをする時にしっかりと書いておけばいいと思っています。
メモは手書きか? スマホか?ちなみに、メモは手書きの方が良いような気がします。他の所でも解説しているので詳細は省きますが、手書きでメモをすると、キーボードを叩いている…

【佐藤の文章力講座】情報収集の方法とは?

イメージ
【佐藤の文章力講座】情報収集の方法とは?前回の記事「ひらめきは、情報と経験量に比例する」ということを書きました。おそらくみなさんの頭の中には「では、どうやって情報を集めていけばいいのですか?」という質問が浮かんでいると思います。
すこし厳しめの回答になりますが「どうやって情報を集めれば」というような質問をするようでは成長が望めない、ということになるのではないかと思います。まるで呼吸をするように意識することなく、すべての事象から「アイデアの種」を拾い続けていく、ということだからです。
日常のできごとに「アンテナ」を立て続ける実際に、私の周囲の「アイデアがひらめく人たち」は、日常生活のほとんどを情報収集にあてアンテナを立てているのですね。生活していると、様々な情報(できごと)に遭遇しますが、それらの中に「興味をひくものはないか?」と常に意識を向けています。
たとえば、知人のデザイナーと一緒に移動していたとします。すれ違った人が「ちょっと変わったデザインのTシャツ」を着ていたので「さっきのTシャツ見ました?」と話しかけると「見ました。キャラクターが履いていた靴の色がかわいいヤツですよね」のような答えが返ってきます。
私は「ちょっと変わったTシャツ」というレベルでしか見ていませんが、デザイナーは細やかな部分まで観察し情報収集しています。そして「あのTシャツのブランド、私も好きなんです」とブランド名を教えてくれたりもします。次回に会った時に、そのTシャツを着ていて「あっ!それは!」「いいでしょ?」と、話題を作ってくれたりもします。
目が出ない「アイデアの種」の方が多いもちろん、そのような「アンテナ」を立てて集めた情報が、すぐに仕事に活かせるわけではありません。ほとんどの情報が普段は「眠っている」状態ですし、活用したとしても「不採用」になる確率の方が圧倒的に多くなります。
そして実際のところ「ひとつの情報が、そのまま大きなアイデアになる」ということは、ほとんどありません。きっかけになることはありますが、そこは出発点で試行錯誤が始まり、あれだこれだ、修正だ、変更依頼だ、などと雑多な作業を積み重ねた先に「いいアイデアですね」とまとまることが多いのです。そうやって拾った種を「どのように育てていくか」が力のみせどころです。
だからこそ「情報収集するぞ! アンテナを立てよう! 何から始めればいいで…

【佐藤の文章力講座】ひらめきは、空から降りてはこない

イメージ
「ひらめき」は、どこからやってくるのか?
「どうすれば『ひらめく』のですか?」「アイデアを考えるコツを教えてください」
こちらも定期的に受ける質問のひとつです。おそらく、このような質問をする方の「潜在的な意識」として「よいアイデアは、空から降ってくるように『ひらめく』 = 無の状態から瞬時に生まれてくる」と考えているように思います。
とても残念なことなのですが、黙って待っていても「ひらめき」は降りてきません。アイデアを捻り出すための方法は存在しますが、あくまでも「無から有」を産み出すものではなく、脳内の情報を整理し明確化するための手順である、と私は個人的に考えています。
「でも、あの人は良いアイデアを次々に産み出しているように見えるけど」
そのような疑問が浮かんでくるのも当然です。でも、ここで一度「ひらめく人」と「ひらめかない人」の違いを比較してみてください。おそらくそこに、明確な違いとして確認できるもの。それは「情報と経験」の差だと思うのです。

「ひらめき」は情報量と経験値に比例する
様々なところで繰り返していますが、これが私が「ひらめき」に関しての考えです。もちろん純粋に「ひらめく」能力を保有している人もいるでしょう。しかし、それは全体の数%程度。そして、そのような能力を持っている人たちほど「情報量と経験値」を積み重ねていく努力を惜しみません。差が開き続けるわけです。
ある一定のレベル(ここでは、仕事として活用できるレベルと定義します)であれば「情報量と経験値」を積み重ねれば到達することができる。3年必要な人もいれば、5年かかる人もいるかもしれない。10年の人もいるでしょう。その人の経験値と、いわゆる「センス」と呼ばれる先天的なものにより、その差は異なるでしょう。
しかし一度「そこ」まで達することができれば、様々な分野で活用することができます。周囲の人たちから「あの人の『ひらめき』は、すごい」と思われるでしょう。その時、たぶんあなたは「ただ、目の前の仕事に一生懸命に取り組んだだけ」と感じている自分に気がつくのではないかと思うのです。
まずは「空から降りてくる」ことを期待するのではなく、地道な「情報と経験」を積み重ねていく。その先に「ひらめき(と、周囲からは思えるような)」アイデアが生まれてくるのではないか? 今、私はそんな風に考えています。

(補足)追加でもうひとつ。むりやり短期間…

【文章力向上講座】文章には「適切な速度」がある。

イメージ
文章には「適切な速度」がある文章には「適切な速度」があると、私は考えています。早く読めるもの、読み込むのに時間がかかるもの、この2つですね。どちらが良い悪いではなく、目的や情報に合わせて使い分けていく必要があるわけです。
簡単に比較してみると、
・早く読める文章 = 情報量が少な目の文章 読みやすく一般的には好まれるが、情報量が少ないため、長期には読まれにくい内容。
・読む速度が遅くなる文章 =情報の密度が高い文章 密度が高いため読む速度は落ちる。資料としての価値。長期にわたって読まれやすい内容。
このような違いがあると思います。最近の傾向としては「短く簡潔な文章 =速度が速い文章が」好まれるように感じています。ちょっとした時間にスマホを覗いて、時間を潰す。次々に表示される記事を読んでいくものの、読み終わった後に「何を読んだか覚えていない」というような「消費を前提とした文章」とでもいいましょうか。
これからは、ますます「早く読める文章」を好む人の割合が増えていくでしょう。そして、そのような文章が書ける人が、重宝されるでしょう。そして、こちらのタイプの文章を書けるようになりたい、と考える人も多くなるでしょうから、文章術のアドバイスは「早く読める文章の書き方」が中心になっていくことでしょう。
深みを求める読者層は、一定数存在するしかし同時に、より深い情報を好み、考察していく事を好む人たちが、一定数存在することも忘れてはいけません。「密度のある文章(資料)=時間が必要な文章」を読み込むことで、理解度を高め広げていく面白さを知っている人たちも確実にいるのです。
そのような人達に向けた文章を準備しておくことで、他とは違った「つながり」や「広がり」がはじまる可能性があります。そしてなによりも、そのような文章を提供できる人には、一定の読者数がつく可能性があります。別の記事にも書きましたが、今後の方向性として「人数の多さを目的とした文章 →  少人数でも深い『つながり』がうまれる文章」を目指すのであれば、このスタイルの文章を目指すということも、おもしろい選択のひとつだと感じます。
「わかりやすく、密度が高い文章」を目指せもちろん「時間が必要な文章」といっても、それに甘んじていてはいけません。可能な限り速度を早める工夫を行いつつも、どうしても削れないといいますか、これ以上は動かすことができない削るこ…

【文章力向上講座】表現技法を甘く考えてはいけない(上級者向け)

イメージ
「表現技法」を、軽く考えてはいけない私は様々なところで「まずは基本が大切」という解説をしてきました。文章が苦手な人は、すぐに使えそうな「表現技法のテクニック」を学ぼうとします。しかしそれは土台ができていないのに、表面だけを飾り立てるようなもの。表面の錆だけを落としても、すぐに下から新しい錆が浮かび上がってくるように、根本から鍛えていかなければ意味がない。そのようなことを、解説してきました。
しかし、ここで誤解をしていただきたくないので、あらためて強調しておきますが、
・「基本 = むずかしい」 ・「表現技法 = かんたん」
と、いうことではありません。むしろ逆の意味であると、私は考えています。
・「基本 = むずかしい」 ・「表現技法 = もっとむずかしい」
と、いうことですね。「基本をしっかりと身につければ、表現力(技法)は自然と身につく」というわけではありません。実際は「かなり難しい」ので、軽く考えてはいけないということですね。
基本は「膨大な時間と演習」の積み重ね基本を身につけることは「むずかしい」ことです。しかるべき時間と演習を積み重ね「身体に染み込ませるまで」ひたすら繰り返していく必要があります。「1万時間の法則」というようなフレーズを目にすることがありますが、そのくらいの時間を投資する必要があるのが「基本」だと私は考えています。
しかし、別の視点で考えるならば「1万時間の演習」を積み重ねることができるのなら「基本を身につけることができる」と、いえるかもしれません(もちろん、それ以上の時間が必要な人もいると思いますが、あくまでも仮説として)。
さらに上を目指すには「センス」が必要になるしかしそこに「表現技法」という、自分の個性を輝かせるための「プラスアルファ」を磨いていくには、努力だけでは越えられない「なにか」が存在すると感じています。全力を注いで取り組んでも、そこにたどり着けるかわからない。いわゆる「センス」というような、先天的な才能が必要かもしれない。もっている人は越えられるし、不足している人は足踏みを続けるかもしれない。
非常に曖昧な領域といいますか「やってみなければ、わからない」という部分が多いと思うのです。さきほど、
・「基本 = むずかしい」 ・「表現技法 = もっとむずかしい」
と解説したのは「表現技法 =努力をしても越えられない(可能性がある)領域である」という意味…

【佐藤の文章力向上講座】共感される文章の書き方(2つのポイント)

イメージ
共感される文章の書き方(2つのポイント)「読み手に共感してもらえる文章が書きたい」
これもよく質問される項目のひとつです。しかし、ただ単に一生懸命に書いていたとしても「共感される文章」には仕上がらないもの。今回は、共感される文章を書く時に、チェックしておきたい2つのポイントを解説します。
1)「書きたいこと」ではなく「読みたいこと」共感する、ということは「相手と自分の間に共通点がある」ということ。共通点が多かったり、深かったりすることで「共感」が生まれるということですね。逆に考えるならば「自分が書いている文章に、相手が読みたいと感じていること」が存在しなければ、そもそも共感が発生しないと、いうことになります。
どんなにすばらしい表現技法を駆使して書いた文章でも、その中に相手が「読みたい情報」が存在しなければ共感以前に、読んでもらえません。自己満足で押し付けの文章で終わってしまいます。今、あなたが「書こうとしていること」は、読み手(相手)の中にも存在する情報なのか。知りたいと感じている情報なのか。この視点を持ちながら考えていく必要があるのです。
2)共有できる「一定の情報量」は存在するか「相手と自分に共通点」が存在するならば、そこには「共感の種」が存在するといえるでしょう。もしそれを見つけることができるならば「共感の種」の量を増やし、より多くの接点を増やしていく必要があります。
たとえば初対面の人と話す時に「出身地が同じ」ということがわかれば、心の距離が近くなります。そして、他に共通点がなければ「同じですね」で終わってしまいますが、細かな情報を確認しあうことで「自分と同じ価値観を持っている人」という認識が生まれ、より会話を楽しみたくなるでしょう。
文章もこれと同じです。深い共感を生み出すには「一定の情報量」が必要になります。密度を深め、回数を重ねることで「それ」をつなげていく必要があるのです。一度ですべてが完結する、ということはまずありません。
「相手が読みたいこと」+「一定の情報量」=共感の土台どのようにすれば1)2)の部分を深めていけるのか? そこを考えていくのが力の見せ所。表面的なテクニックは、表面的な共感(のような雰囲気)で終わります。土台を作っていく準備と土台が必要なのだ、意識を変化させていくことが大切なのです。

関連:共感するには、一定の情報量が必要
音声で解説「共感され…

これからの時代に必要なこと「文章力&話す力」を磨こう

イメージ
未来の働き方「文章力&話す力」を磨こう 
私は、今までに講師として「授業」を数千時間以上行ってきたので、教室で受講生に向き合って解説をすることは、それなりに経験があります。緊張やプレッシャーを感じることはありますが「なんとかなるだろう」という気持ちで乗り切ることができます。
なので、Youtubeを始めた時にも「なんとかなるだろう」と「話すこと」に関しては、そこまで気にとめることはありませんでした。いや、もちろん自分の声や話し方は、好きではないのですが「ある程度、理解しやすい話し方はできるだろう」と、思い込んでいたのです。
自分は「トーク力」が不足している・・・。しかし、Youtubeのように「音声のみでの解説」となると、また違った難しさがあると感じました。現場ですと、身振りや全体の雰囲気などで補い「伝える」ことができます。ちょっとした話の脱線や、受講生からの質問を拾って広げていくこともできます。そして、私が得意なのは「そのような部分」だったと思います。 
ところが「録音している」と考えると余計なことは話せませんし、間合いの取り方も変わってきます。自分の口癖が気になったり「あー」とか「えー」というような部分も、ひどく耳障りに感じます。なによりも受講生の顔が見えないので、イメージしながら話していくしかありません。
そのように迷いつつ録音した内容は「わかりにくい」し、いまひとつテンポもよくありません。あらためて自分の解説を確認することで「オレの授業って、全然ダメだ・・・」と実感することができました。今更ですが・・・。
修正点が見つかる = 伸び代があるしかし「修正点がみつかる」ということは「改善できる」ということです。改善することができるということは「伸び代がある」ということ、と考えました。そこで、毎回録音する度に、
・「今回は、早口で話してみよう」 ・「すこし雑談を増やしてみよう」 ・「導入部分に〇〇を加えてみよう」
などと、小さな変化を試してみることにしました。もちろん、すぐに結果が出るような作業ではありません。しかし、小さくても何かしらの課題を持って作業をした方がメリハリになるので、そんな風にして「自分自身を指導する」つもりで、続けてみることにしたのです。
今までは「台本」のようなものを準備せず「一発撮り」で作成していたのですが、台本を作ってみることにも挑戦したりもしました。しかし…

「わかりやすい!」文章の書き方【5つのポイント】

イメージ
「文章を書くのが苦手」と感じている人へ「文章が苦手。がんばって書き直しても、全然よくならない…」 「私は文章の才能がないので…。もっと国語の勉強をがんばっておけばよかった」
今、あなたはそのように考えているかもしれません。なぜそのようなことがわかるかというと、実際に同じような質問を受講生のみなさんに聞かれるからです。
しかし、まだあきらめるのは早い。たとえばあなたが「志賀直哉のような、簡潔で的確な描写の文章が書きたい!」というのであれば「才能」というものが必要になると思います。努力だけでは越えられない壁があるでしょう。
でも「わかりやすい文章ですね! 参考になりました」などと仕事やプライベートで言われるような「わかりやすい文章」を書きたいのならば「しかるべき技術」を身につけることで書けるようになる、と私は考えています。努力と地道な実戦でスキルアップが可能だと、多くの受講生を見てきて、そう実感しています。
私自身が「文章の力」で、ここまで進んできた私は25年以上、教育の世界に携わってきました。単純に考えて数千枚以上の文章を添削し、数千時間(数万時間?)ほど、現場で直接アドバイスを行ってきました。この数値は、おそらく世の中に存在する「文章指導の先生」の中でも多い方だと思います。
それらの実戦経験で見つけてきた内容を「伝わる文章講座」というサイトに公開したのが、今から約16年ほど前のこと。取材を受けて書籍に掲載していただいたり、図書館の広報誌に掲載していただくなど、みなさんのおかげで想像していたよりも多くの方に活用していただくことができました。
そして私自身も、教育の世界から「コピーライター」という肩書きで、文字通り北海道から沖縄まで、様々な企業のキャッチフレーズの制作から文章のアドバイスまで、活動の場を広げていくことができたのです。そう「文章の力」を活用することで。
「起業家・経営者」そして、スキルアップを目指す人へ 先日「今年で起業してから19年目になる」といった記事を書きました。書き終えてから、ふと「自分の基本の部分を見直す時期」なのかもしれない、と考えました。自分の基本といえば、それは間違いなく「文章の書き方」です。
そこで起業した当時を振り返りながら「文章の書き方」について考えてみたいと考えました。とくに基本の部分にもどって「文章を書くことが苦手な人」が、最初に取り組んでおきたい…