ソフトバンクから、ワイモバイルへMNPした時のレポート


softbank から Y!mobileへMNP


筆者は15年以上、ソフトバンクを利用してきたヘビーユーザーである。30代でiPhone3GSを手にしてから、40代の現在まで、ずっとiPhone&Softbankの組み合わせで過ごしてきた。

以前から、格安SIM(MVNO)に興味はあったものの、解約の際に違約金がかかってしまったり、タイミングを外してしまったり、なんとなくめんどくさそう、と、そのままなんとなくソフトバンクを継続利用していた。

しかし、現在の使い方や利用料金などから考えても「格安SIMで十分なのではないか?」と、思い立ち契約更新の時期を迎えるにあわせて、MNPを検討してみることにしたのだった。

選択肢は、ワイモバイルかUQモバイル

候補は、YモバイルかUQモバイルにしようと考えていた。料金的に安い業者もあるのだけれども「時間帯によって通信速度が遅くなる」のは気になるので、安定していると評価されている2社に絞ったのだった。

色々と検討してみた結果、直前までUQモバイルの方向で考えていた。しかし「Yahoo!プレミアム会員」を継続したいこと、キャリアメールがもらえること、仕事で10分未満の電話をすることも多いこと、Yahoo!ショッピングやPayPayモールなどの還元が、それなりに大きな金額になっていたことを考慮して、YモバイルにMNPすることに決めた。なんとなく新鮮味が薄れるような気もするが、結局なじみの店にしてしまった、ということである。

そのようなわけで、乗り換え先はワイモバイルに決定した。あとは粛々と手続きを開始するだけである。さて、結果はいかに?

Y!mobileへMNP手続きの手順

では、ここから、SoftbankからY!mobileへMNPした時の、おおまかな流れを記録しておきたいと思う。まずは、ざっくりと全体像を把握していただき、実際の作業の目安にしていただきたい。(今回の内容は、ソフトバンクからのMNPで、SIMカードのみの契約。iPhoneはそのまま使用する内容である)

事前準備 開始

(1)使用していたiPhoneのSIMロックを解除
当初、ソフトバンク→ワイモバイルへは「そのまま移行」すればよいと思いこんでいた。しかし実際は「SIMロック解除」の手続きが必要なのだった。あわてて申し込みを始めなくてよかった。

SIMロックの解除はMySoftbankから手続きをする。指示にしたがって作業を進めればよい。ソフトバンクのサイトによると「別のSIMカードを用意するように」と記載があるが、自分の場合は最初に手続きだけを終わらせておいた。


(2)MNPの予約番号を発行する。
予約番号の発行も、MySoftbankから申し込むことができた。(1)(2)の作業、両方合わせても30分もかからなかったと思う。

途中、一点だけ不明確な部分があったので、チャットサービスで質問した。リアルタイムで回答がありスムーズに手続きを終えることができた。ここまでは順調。

ワイモバイル オンラインページから申し込み

事前準備が終わったので次は、ワイモバイル オンラインページから「SIMカード」を申し込むことにする。店頭で手続きすることもできるのだが、オンラインサイトからだと「事務手数料(3000円・税別)無料」になるので、特に店舗で契約したい理由がなければサイトからの申し込みがおすすめ。



申し込みの手順は特に難しいこともなく、10分程度で完了。あとはSIMカードが届くの待つだけ。ここまでは、スムーズで何も問題がなかった。意外と簡単だったな、とほっとしていたのだが……。

審査が終わらない?

申し込んで、すぐに「申し込み完了」と「加入審査開始」のメールが届いたまでは良かった。「商品の出荷は審査完了後」と書かれていたので、数時間で審査が完了して当日中の発送完了かな、と漠然と考えていたのだが、結局、その日は連絡がくることはなかった。

連絡がこないと、それなりに気になるものである。「この手の審査は、せいぜい数時間程度で完了するのでは?」「もしかして、審査に落ちたのでは?」などと思いつつ、さらに1日が経過。そして、申し込みから2日後に届いたメールは「審査完了」のメールではなく「出荷完了」のメールだった。どうやら「審査完了」のメールは送付されないらしい。余計な心配をしてしまったようだ。


設定作業開始

無事にSIMカードが届いたので、ワイモバイルへの移行作業を開始することにする。完了までは、それなりに時間もかかるので、届いたからといってあわてて作業を始めてしまわないように注意しよう。基本的な流れを、ざっくりと説明すると、

(1)「ワイモバイルカスタマーセンター切り替え窓口」に電話をして、回線の切り替えの手続きを行う。

音声ガイダンスに沿って、手続きを進めていく。対応時間が午前10時〜午後7時までなので、帰宅してから手続きをしようと考えている人は時間に注意しよう。筆者は、SIMを受け取った当日は帰宅が遅れて、手続きができなかった。

電話を切り、画面の表示が「圏外」になれば切り替え完了。筆者の場合は20分くらいで切り替わっていた。

(2)バックアップをとってから、iPhoneを初期化する


MNPとは関係ないのだが、個人的に「初期化」の作業はわりと好きである。ごちゃごちゃと荷物が散乱した部屋の中がカラになって、すっきりしたような気分になる。

(3)新しいSIMカードを入れて、アクティベーションする

アクティベーション、と耳慣れない言葉を聞くと少々とまどうが、実際は「はじめてiPhoneを購入した時」の作業をする、とイメージしておけば大丈夫だと思う。Wi-FiやAppleIDなどのパスワードが必要になるので、用意しておこう。

ちなみにiPhoneのsimはnanoサイズである。おそるおそる本体から取り出して、新しいsimカードを装着する。この段階でSIMフリーの手続きが完了していないと、作業は先に進めないので注意しよう。

(4)バックアップしたデータから「復元」する

復元が終われば、iPhoneが起動して、いつものホーム画面が表示される。あとはアプリがダウンロードされるまで、しばし待つことになる。一応ここまでで、MNP手続きの作業は終了になる。

ソフトバンクに解約の連絡が必要なのかと思っていたのだが、回線切り替えの段階で自動的に解約になるらしい。10年以上も契約してきたのに、解約する時は「あいさつなし」でお別れになってしまう。なんとなく寂しいような気もする。

(5)マイワイモバイルから「初期登録」を行う

ダウンロードが終了したら、マイワイモバイルのサイトにアクセスして、ワイモバイルの機能や特典などを利用できるように手続きを進めていく。

Yahoo! IDとの紐付けや、新しいメールの設定等に進んでいく。この部分は、ワイモバイルから送られてきた資料では、少々分かりにくかったので、詳しく解説されている個人のウェブサイトなどを参考にしながら進めたほうが楽かもしれない。

いくつか設定を終え、ホーム画面に「Y!mobile」が表示されているのを確認したら作業完了! 


ワイモバイル


はじめての「格安SIMへのMNP」の感想


年齢を重ねてくると、このような作業がわずらわしく感じるものである。もし自分が20代30代だったら、さほど抵抗もなく作業を終えたと思う。しかし40代ともなると、めんどくさい、という意識が強くなるし肩こりもするし時間もかかるし、さすがに「楽しい」と思える作業ではなかった。


しかし、これらの手間を自分で行うから「格安」で契約できるわけで、これから契約を考えている人は、がんばって乗り切っていただきたい。


ちなみに今回のMNPに必要になった日数を確認しておくと、

月曜日「SIMロック解除とMNP予約番号の発行&オンラインストアから申し込み」
火曜日「連絡なし」
水曜日「夕方に宅急便にてSIMカードが届く(帰宅の時間が遅かったので、切り替え手続きが間に合わなかったため翌日に)」
木曜日「切り替え手続き&初期化と復元&マイワイモバイルへの登録

ざっと、このような流れになる。当初は「一週間くらいかかるのかな?」と想像していたのだが、実際は思っていたよりもスムーズに移行できたと感じている。

最後に一応確認なのだが、筆者は「ソフトバンクからワイモバイルへのMNP」であり「SIMのみ契約」だったので、本体を購入したり他のキャリアからのMNPやAndroid端末とは内容が異なる場合があるかもしれない。ここに記載した内容は、あくまでも「おおまかな参考」程度にしていただき、作業を行っていただきたい。



※こちらに掲載した内容は、記事執筆時の情報です。最新情報は、公式オンラインページで確認してください。

→ ワイモバイル 公式オンラインページ

→ UQモバイル 公式オンラインページ



関連「ワイモバイルにMNPして1ヶ月間利用してみた感想








人気のある記事

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

uniqloジーンズの色落ち(四年経過)

Macは、何年使えるのか?

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

uniqloジーンズの色落ち(三年経過)

走ることを始めてみる。 その16 「献血後のランニング」

uniqloジーンズの色落ち(一年経過)