【バリ島へ行った話(10)トラブル発生。スマホが使えない!?】



旅にトラブルはつきものである。今回のバリ旅行でも、いくつかトラブルがあった。ヴィラの回で「ソケットトラブル」について書いたが、今回はもうひとつ「ポケットWi-Fi事件」について書いてみようと思う。 

海外旅行でスマホは必須アイテムである。店探しから、マップから、ホテルの予約、そして飛行機のチケットまで、ほぼすべてをスマホに頼っているのが現状である。そんなスマホが使えなくなったとしたら…。

ポケットWi-Fi事件

バリ旅2日目のことである。私たち2人はウブドを散策することにした。一旦、ガイドさんと別れ、2人だけでウブドを散策したあと、ガイドさんと合流することになった。ウブドを散策するのは初めてだったが、スマホがあれば集合場所までたどり着けると思ったし、とくに難しいことは起きないだろうと思っていた。そう、スマホがあればね。

実際に、ウブド散策はスムーズに始まった。行ってみたいと考えていた店に行き、探していたものも見つかった。いい買い物ができたね、近くにこの店があったら定期的に寄りたくなるよなあ、また来たいね、とそんな言葉を交わしながら、店を出てマップを確認しようとスマホを取り出した時に気がついた。スマホの電波が来ていない! そう、ポケットWi-Fiの端末をガイドさんの車の中に置いてきてしまったのだ。

海外の知らない場所でスマホが使えなくなる瞬間は、想像以上に精神的ダメージが大きい。突然身ぐるみを剥がされて、無一文で放り出された様な気分。ガイドに連絡もできないし、マップで約束の場所を検索することもできない。もちろんヴィラに電話もできない。どうしたらいいんだ?

さて、どこへ相談すればいいのだろう?

とりあえず待ち合わせの場所の近くに行ってみよう、と妻と2人で歩いて行ったのだが、その場所がわからない。フリーWi-Fiがあるかもしれないと周辺を探してみたりしたものの、やはりこれもよくわからない。ガイドさんは、待ち合わせの場所で待っているはずである。仮にこのまま時間が経過してしまったとして、あれ?何かトラブルがあったのだろうか? と探しに来てくれる確率はほとんどないだろう。

さあ、どうする? これから、どこへ行けばいいのだろう? しばらく考えた未来、先ほど買い物した店に戻って店のWi-Fiを借りるしかないだろうとなった。先ほど歩いてきた道を戻りながら、Wi-Fiを貸してくれ、と英語でどのように言えばいいんだろう? そもそも店のWi-Fiを貸してくれるものだろうか、などと雑念が湧いてくる。

先ほどまでは、あんなに楽しく充実した時間だったのに、いまはどうだ。まるで五里霧中でバリ島の熱気にクラクラしている。道を歩いていると、客引の人と目が合う。もはや、この怪しい人にさえ頼らなければいけないのか、とさえ思ったりもする。今思えば「そこまで困ったことでもない」と感じるのだが、トラブルの真っ最中というのはかなり余裕がない。自分のミスでこの状況を作り出したのだ、という自分に対する不甲斐なさもある。



店に到着。交渉開始。

店に到着すると、私たちの接客をしてくれた店員さんがいた。そしてここからは、正直何を話したか覚えていない。「Wi-Fiをなくしてしまったのでガイドに連絡が取れない。お店のWi-Fiを使わせてもらえないか?」といったようなことを、つたない英語で質問したのは覚えている。 すると定員さんは、わかった、というようにうなづいてくれた。どうやら伝わったらしい。

そして口頭でWi-Fiのパスワードを教えてくれたのだが、入力しても接続できない。スマホを渡して店員さんにパスワード入れてもらったのだが、それでも接続できない。何かセキュリティ関係のトラブルでもあるのか(ちなみに私が使っているのは、iPhoneです)。何度か試してもらっても、やはり接続できない。

これはどうしたことか、と文字通り頭を抱えていると、ちょっと待ってて、という素振りで店員さんが裏手のほうに戻っていった。そして紙にパスワードが書かれたメモを私に手渡してくれた。大文字小文字を確認して接続・・・・・・、つながった! よかった! というよりも、ほっ、とした感じ。これで元の世界に復帰できるという安堵感。ガイドさんに連絡して、最初の店まで迎えに来てください、と連絡するとほどなくして、わかりましたと返信が来たこれで大丈夫だ。

スマホは電波がなければ、カメラである。

英会話は得意ではないけれど、必死の時には、なんとなくだけど話せるものだなぁ、と思う。定員さんも、OK、ちょっと待ってて、とこちらに聞き返すこともなく対応してくれたことも嬉しかった。これもスマホがあれば翻訳ソフトで対応できたけれど、そのスマホが使えないとなると自力で乗り切るしかない。こんなに便利なスマホも、電波がなければカメラである。その差は桁違いだ。 

ちなみに私がお店の方とWi-Fiの交渉している時、妻はお店にいた子供と一緒に遊んでいたそうだ。普段の妻は心配性なところがあるのだが、こういう時は落ち着いた振る舞いをしてくれることが多い。今回もそんな風に振る舞ってくれたことで、私も落ち着いて対応することができたように思う。いや本当に。 

定員さんにささやかな感謝を示し、今度こそ本当の別れを告げる。ありがとうございました! と妻と2人で店の前に立ち、待つこと10分。見慣れた車が近づいてきて、ガイドさんが笑顔で手を振っているのが見えた。ああ、よかった。そして、このガイドさんで、本当によかった。なんというかもう、目に見えるすべてのものに感謝したくなる気分であった。 トラブルを経験することで、有り難さを再確認できることがある。今回の旅で体験から学んだ教訓だ。そしてもうひとつの教訓は、スマホとポケットWi-Fi端末はセットで持ち歩け、である。これを肝に命じたので、このあとはスマホトラブルが起こることはなかった。

【関連】



人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

腕時計のベルトを、ダイソーの替えバンド(100円)に交換する。

「ローズマリー」で、鳩対策(その2)

ダイソーの100均アイテムで、カビ取り対策