【バリ島へ行った話(4)】ヴィラに泊まりたい。

・バリのヴィラに泊まりたい

今回のバリ旅行では「ヴィラに泊まってみたい」と思っていた。いや「ヴィラに泊まる」と決めていた。いつ、どのタイミングでそうなったのか忘れてしまったのだが、私の中では「バリ=ヴィラ」という図式が成立していた。もしもバリへ行くならばヴィラへ泊まりたい。高級なヴィラは無理でも、そこそこ(?)のところに泊まってみたい。一般庶民の目標として、そんなことを考えていたのだった。

旅行代理店で相談すると、オススメのヴィラを提案してくれた。その中で今回予約を取ったのが「マカ ヴィラズ&スパ ウマラス」である。1ベットルームで、専用プール付き。写真を見ると、いかにもリゾート地というような、綺麗で整えられた雰囲気に見えた。しかし、年齢を重ねて中途半端に経験を積んでしまい、性格がひねくれた私の頭の中には「この写真はあくまでもイメージだろう。演出された映像だろう。日本のホテルでこの値段だと、このくらいだから、まあそこそこかな。でもヴィラはヴィラだし、予算内だし、ここでいいか」と予想をつけていた。あまり期待しすぎないでおこう、と期待値にブレーキをかけておいたのだった。

・バリへ到着 車とバイクの喧騒の町

バリ島初日、私たちがヴィラに到着したのは、午後8時過ぎだったと思う。空港からヴィラまでの道は、想像以上に混雑していて車とバイクのクラクションが響くような騒然とした雰囲気だった。車が停車した瞬間、その周囲をたくさんのバイクが取り囲んでいく。



2人乗り、または3人乗りのバイクがぐいぐいと隙間に割り込んできて、車も対向車線にはみ出して無理な追い抜きをかけてくる。恐怖を通り越して、よくこれで事故らないものだなぁと感心してしまうような混雑ぶりだ。空港からヴィラまでチャーターした車の運転手さんに「いつもこんな感じですか? これで事故らないんですか?」と質問すると「時々事故ることもあります。でも大丈夫です」と返ってきた。今回お世話になったTさんに「最近のバリは渋滞が酷いので」と聞かされてはいたが、想像以上の混雑と喧騒だった。それが私のバリの第一印象だった。

ところがヴィラのある場所に近づくと雰囲気は一変した。大通りを曲がり細い道に入ると一気に交通量が減っていく。喧騒が遠のき周囲が暗くなり、逆にちょっと危ないような気配になってきた。どこまで行くのだろう? 代理店のスタッフの人に「このあたりは、夜は出歩かないほうがいいと思います」と言われたのだが、確かにそうかもしれない。ここは外国なのだ、気を引き締めなければ、と思う。

・言葉はわからないけれど、伝わる感覚

しかし、セキュリティーゲートを通り、ヴィラの敷地内に入ると、一気に落ち着いた気配に切り替わった。きちんと整備され、管理されている区画に漂っている安心感。受付でチェックインの際に、朝食のメニューの希望を書いて提出しなければいけなかったのだが、いまひとつよくわからなくて困っていると、カウンターにいた女性が私たちの前にやってきて「何かわからないことがあるか?」というような表情で覗き込んできた。言葉はわからないのだけど、なんとなくそういうのが伝わってくる。


部屋に案内してくれたポーターも「ここがあれで、それがこれです」と、敷地内をぐるりと説明してくれた。セキュリティーボックスの設定がわからなかったので「申し訳ないんだけど一回試しにやってもらえるか」と、私がつたない英語でお願いするとオーケーオーケーといった感じで、こうやってこうするとこうです、ではやってみて、と丁寧に教えてくれる。Wi-Fiのパスワードは? と質問するとパスワードを入れなくても接続できるよと、説明してくれた。

今「説明してくれた」と書いたけれど、実は言葉はほとんど理解できていない。もちろん私の語学力に問題があるのだが、私が片言の英語で質問すると向こうも手振り身振り付きで示してくれて、それが何だかよくわからないのに意味が伝わってくるのだった。もしかすると、こちらが日本語で話しても、ちゃんと理解してもらえるのではないか、と錯覚してしまうような感じ。これは面白い感覚だった。

ポーターと入れ替わりに、ウェルカムドリンクが部屋に届けられた。笑顔の軽やかな女性スタッフが入ってきて「どこから来たの?」と、にっこりとする。日本からですよと答えると、ああ、そうなのね、という表情をする。本来ならばこの後に一言二言、気の利いた言葉を続けたかったのだが、私の語学力ではそこで沈黙してしまう。彼女は「楽しんで!」と部屋を出ていく。ありがとう、と声をかける。

バリに到着して、まだ1〜2時間しか経過していないのだけれども、既にもう来て良かったと感じていた。葉の緑が鮮やかなドリンクを飲みながら、妻とライトアップされた庭とプライベートプールを眺めながら乾杯する。今日は泳ぎたい気分ではないけれど、朝になったら泳いでみようか。でもバリとはいえ朝のプールは冷たそうだな、と思う。まだ夕食を食べていなかったので、もう少ししたらヴィラのレストランへ行ってみようか、などと話をする。そしてまた、バリへ来てよかった、と思う。(つづく



【関連】



人気のある記事

私とハトの七日間決戦 アイテムは100均のみ!

「ローズマリー」で、鳩対策(その2)

裾上げしたジーンズの裾を、自分で加工してみる。

【体験談】遠近両用レンズと、サポートレンズの違いを体験する。

【ダイソー】腕時計(500円)の電池を交換する【ミリウォッチ】